分子栄養学栄養療法

妊活の秘訣!「百草丸」たった1つでカラダづくりができる!

妊活の方の食事や生活習慣を聞いてみると、とても頑張っていらっしゃいます。
でも、頑張っているのになかなか妊娠できないので、ストレスも溜まってしまっています。
それでは、悪循環にハマってしまうので、おススメしているのが「百草丸」です。

長野県の民間薬として昔から愛用されていた「百草丸」は、胃のお薬として使われています。
しかし、実際には妊活におすすめの効果がたくさんありますので、紹介します。

「百草丸」という生薬がどんな人に効くのか、どんな効果があるのかについてまとめてみました。

妊活でお悩みの症状は「百草丸」が効く

妊活をしていて、ストレスが溜まっている人はとても多いです。
百草丸は胃腸やお腹の調子が悪い人に飲まれているお薬ですが、実はいろんな効果がある生薬なのです。
下記のような症状があるのではないでしょうか?
・イライラしやすくストレスに対処できなくなくっている人
・疲労感を強く感じている人
・筋肉がガチガチに凝っている人
・寝付きが悪い、朝起きられない人
・食後眠くなる人
・不眠の人
・うつ症状あり、気分が落ち込む人
・甘い物が止められない人
・血糖値を安定したい人
・お腹の中の悪い菌、カンジタ菌を予防したい人
・ミトコンドリア機能をアップしたい人
・ピロリ菌除去
ピロリ菌があると腸内環境は悪化していますから、胃の不調が出やすくなります。
・筋肉がつきにくい人
筋肉をつけられれば、ミトコンドリア機能をアップさせることもできます。

炭水化物(糖質)どうしても摂り過ぎてしまう方は、血糖値の乱高下や低血糖を起こしている方がほとんどです。
詳しい内容は、こちらをご覧ください。

妊活と糖質制限

「百草丸」の成分

「百草丸」の材料は、オウバク、コウボク、ビャクジュツ、センブリが入っており、どれも植物です。

オウバクエキス 1,600mg
コウボク末 700mg
ゲンノショウコ末 500mg
ビャクジュツ末 500mg
センブリ末 35mg

その効果をみていきます。

オウバク

オウバクは抗菌作用があり、腸内環境を整えたいとき、特にカンジタケアの時にベルベリンを使いますが、オウバクの中にもたくさんのベルベリンが入っています。なので、間接的にカンジタケアにも使えるのです。

【カンジタとは】
カンジタというのは、女性の膣の病気だと思われている方は多いと思いますが、口の中や腸の中にもいるのです。カンジタ菌はカビ菌で腸内に普通にいることが多いのですが、これが増えてしまうと厄介で腸粘膜に根を生やして穴を開けてしまいます。炭水化物が多い食事をしているとどんどんカンジタ菌が繁殖してリーキガット症候群という怖い症状が起きます。それは、アレルギーや自己免疫疾患、化学物質過敏症、低血糖、糖尿病などを発症しやくするのです。

海外でも人気のあるベルベリン。iherbのサプリメントでの商品説明(翻訳の文章が少し変です)を見てみます。
百草丸では1600mgで、iherbのベルベリンは1000mg
Thorne Research, バルベリン500、カプセル60粒

代謝、 心臓血管及び胃腸をサポートするための植物エキス
ベルベリン(バーバーキャップまたはベルベリン500)は、健康なコレステロール及び血糖値の維持を助けます。またベルベリンは、胃腸と気道の健康な微生物のバランスもサポートします。
ソーンの高品質バルベリン製品は、 広域スペクトルの免疫機能と胃腸のサポートを提供します。バルベリンは、腸内の常在細菌の健康なバランスを維持するために有益であり、 気道の粘膜の健康を促進します。また、この植物エキスは、 血糖の代謝、健康なコレステロール値の維持とインスリン感受性に対する重要な効能があることも明らかになっています。

ベルベリンに関する論文はとても多く載せきれないほど、効果が立証されています。
気になった論文を載せておきます。
ひどい生理痛にもベルベリンは効果がある(2010年)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21034803
酸化ストレスを和らげ子宮収縮を緩和できた(2013年)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23806889
ベルベリンは腸内微生物を調整し、インスリン抵抗性を低下させる (2018年)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29365334
ミトコンドリア機能低下障害を改善(2018年)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30337876
ベルベリンは、コレステロール代謝を調節し、肝臓を保護する(2018年)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30068904

コウボク

コウボクは、鎮痛作用、中枢抑制作用、筋弛緩作用があります。不眠の方にはオススメ。この他にもイライラや不安症状がある方にも良いです。
海外では、リローラというサプリメントがあります。抑うつやストレス軽減、不眠症の方に使われるサプリメントです。
「百草丸」では、コウボクが700mgですが、海外で使われているサプリの量はコウボクよりも少ないです。
iherbでリローラというサプリがあり、効果は下記のように書かれています。(日本語訳は少し変です)
Source Naturals, リローラ、250mg 90錠
これは1錠250㎎

リローラはストレスを解消し、ストレス誘発食べるのを最小限に抑えるために役立つ特許出願中のキハダやマグノリアアスパラの植物抽出物である。体重増加は、過食、ストレスの多いライフスタイルを持つ人々のために感情的に関連付けることができます。予備調査は、リローラはストレス関連の体重増加と関 連する体内のコルチゾールレベルを調節サポートできる可能性があると提案する。マグノリアアスパラの樹皮は、ストレス軽減や筋肉の緊張のために何 世紀にもわたって伝統的な中国の本草学で使用されている。
他にも、コウボクはストレスや副腎疲労にも効きます。ストレスによる肩こりや眼精疲労などにも効果があります。過食症のお薬としても有名だそうです。

Now Foods, レロラ、300 mg、植物性カプセル60錠
これは1カプセル300mg

一般的な日常生活のストレスは、過食の主要な要因であることが判明しています。レロラは、マグノリア・オフィシナリス(Magnolia officinalis)とピロデンドロン・アレンレンズ(Phellodendron amurense)植物エキスの臨床的に検証されたブレンドであり、神経緊張、過敏性、疲労、悲しみ、およびストレスによる過食の原因となる軽微な一時的ストレスに対する体の反応をサポートすることが示されています。レロラのリラクゼーション効果は、食欲とストレス関連の過食を制御するので体重管理に役立ちます。

リローラの気になった論文も載せておきます。
中程度のストレスを受けた被験者におけるコルチゾールおよび心理的気分状態に及ぼすマグノリアの効果(2013年)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3750820/
マグノリアは抑うつに効果がある(2018年)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29627576
月経前症候群(PMS)の軽減と不安の軽減(2008年)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18426577

ゲンノショウコ

ゲンノショウコには、抗酸化作用と抗炎症作用がありますので、日常生活では活性酸素などでかなりの酸化ストレスがありますので、これを防いでくれるのは嬉しいです。

ビャクジュツ

ビャクジュツは、消化機能のバランスが崩れた時、水分代謝の改善をしてくれます。

センブリ

センブリはかなり苦い植物で、苦みがあると胆汁が出てくれるので、胃液の分泌をよくしてくれる作用があります。

「百草丸」のまとめ

「百草丸」は万能薬のように私は思っております。
効能をずらずらと書きましたが、まとめると
・腸内環境を整える(カンジタケアやピロリ菌除去にも有効)
・コレステロールの減少
・血糖値の安定
・月経前症候群(PMS)や生理痛に効く
・酸化ストレスを軽減してくれる
・ミトコンドリアの活性
・イライラや不安症の軽減
・不眠症の改善
・抑うつやストレスの軽減
・ストレスによる過食を抑える
・ストレスによる肩こりや眼精疲労の改善
・副腎疲労の改善
・胆汁を出す
となります。

妊活するのに良いものが、小さな粒にたくさん入ってくれているのですから、妊活をする人には、まずここからスタートするのが近道だということで、「妊活の秘訣!」としました。

味は少し苦い感じがしますが、写真のようにとても小さい粒で20錠といっても、一緒に入っているiherbのビタミンCのカプセルよりずっと小さいです。子供でも飲めてしまいます。

百草丸を家に置いておくならこれ。4100粒も入って1,706円。1回20粒なので、205回分。1日3回飲んでも68日分で、かなりお得。

仕事場など持ち歩きたい時にはこれ。20包入りで540円。1包に最初から20粒入っているのがいいです。

瓶の場合は、1回20粒と言っても数えられないという方は、何回か飲んでいるうちに「だいたいこれくらい」と覚えてきます。多少の前後は構いません。必ず20粒飲まなきゃと思うのは逆にストレスになる方がいらっしゃるので、ストレスを取るお薬なので、ストレスは抱えないようにしてください。
百草丸を飲んで、症状を改善されている方の報告を受けています。効果を感じたら是非教えてください。

原因がわからない不調がどこから来ているのか、その原因を探るのが分子栄養学です。個体差がありますので、細胞にきちんとエネルギーや栄養が行き届いているのかをカウンセリングして、行き届かない理由を見つけて改善していきます。

不妊の原因は、カラダの中への栄養吸収がうまくいっていないことから妊活している方に役立つ情報を書いています。

さらに詳しいプロフィール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP